オンラインアシスタント・秘書は副業に向いている?

どうなるかわからない世の中なこともあり、副業ブームは続いています。
オンラインアシスタント・秘書も副業の一つとして注目されているようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

目次

オンラインアシスタント・秘書の稼働は、平日メイン

オンラインアシスタント・秘書の仕事は、基本的に平日日中に依頼されることが多く、クライアントとの連絡も昼間取ることが大半のため、副業として行うには少々難しい側面があります。

平日休みの方であれば仕事をする時間が取れると思いますが、土日休みの方であればなかなかお仕事をするチャンスがないかもしれません。

とはいえ、全く無理というわけではありません。
個人事業主がクライアントの場合は土日の打ち合わせも可能な場合がありますし、連絡も夜でOKという可能性もあります。

副業で仕事ができる時間が限られているならば、それに合わせた仕事内容を選んだり、募集をしたりすればよいのです!

副業におすすめオンラインアシスタント・秘書の仕事募集ができる場所はココナラ!

副業でオンラインアシスタント・秘書をしたいという方におすすめのサイトは、スキルマーケットのココナラです!

ココナラが副業におすすめの理由

ココナラは、出品者が自分の提供できる内容を出品して、それを購入してもらうという内容のため、自分のライフスタイルに合わせた出品が可能です。

例えば…

資料作成を1回3,000円で承ります。

という出品をすると、資料作成をしてほしい方だけが依頼をしますので、夜でも休日でも好きな時にお仕事をすることができます。購入してくださった方の〆切さえ守れば、好きな時に自分のペースでお仕事ができるところが魅力です。

値段も1,000円・2,000円と大まかな形ではありますが自分で価格を決めることができますので、サービスに合わせた値段設定が可能です。

お金のやり取りを直接しなくてよい

お仕事を個人で請け負う際に一番気になるのは、未払い。お仕事をしてもきちんと対価が支払われないと困ってしまいますよね。

ココナラの場合、サービスを購入する際に購入者側が提供代金の決済を行い、サービスの提供が終わると出品者に提供代金がチャージされる仕組みです。

つまり、事前決済&サービス提供後にきちんと入金されるので、サービスを提供しても料金を踏み倒されるという心配がありません。お金のやり取りが一番神経を使うため、その点の心配がないのは大きいですね。

相手に本名や連絡先を教えなくてもよい

ココナラの場合、本名を出さずにペンネームでやり取りをすることができて、依頼者のやり取りは「トークルーム」という専用のチャットで行います。

ココナラ自体、ココナラ以外の直接のやり取りを禁止しています(ZOOM,チャットワーク、メールなども禁止。バレると警告が来るよ!)そのため、依頼者に連絡先を教えることなくやり取りを行うことができるのです。

ココナラの弱点は、トークルームに投稿があってもメールが来たり来なかったりするところ。アプリを入れないと連絡に気付かないことが多いので、使用する際はココナラアプリを入れましょう!

ココナラで出品する際の注意点

但し、ココナラには手数料があり、5万円以下の場合はサービス提供料金の25%×消費税がかかります。(金額が増えるたびに手数料はアップします)

5万円のサービスであれば…50000×0.725=36,250円 という具合です。(計算間違ってたらごめんなさい…)


手数料を考えて料金を決めないと、結果的にめちゃくちゃ安い値段で請け負ってしまい本業よりも疲れた…ということになりがちですので、料金設定はしっかり考えましょう

ココナラの場合、販売実績がなくてもちょこちょこ見積もり依頼は来ます。販売実績を作ることで仕事依頼は増えると思うので、最初は安い値段でもよいので実績を作るのが一番かもしれません!

ハードルが低そうだけど、サービスの紹介文とか考えるのは大変…と思う方は、クラウドワークスみたいに提供できるサービスの紹介文を書かなくてもよいサービスの方が向いているかもしれません。

ほかのクラウドソーシングサービスは?

わたしは他にクラウドワークスも利用していますが、クライアント側の募集に応募することがメインのサービスのため、オンラインアシスタント・秘書の案件の場合、案件をかなり厳選します。

選ぶのであれば、好きな時間に働けるという案件を選びましょう。

知り合いから仕事をもらう

知り合いから仕事をもらうことはメリットデメリットあると思いますが、自分の事情を知っている人がクライアントになるので、連絡時間などある程度融通は利くかもしれません。

結論 副業でオンラインアシスタント・秘書はできる

平日日中に時間が使える方に比べると少々分が悪いところはありますが、副業でもオンラインアシスタント・秘書として働くことは可能です。

但し、クライアントに迷惑をかけることは厳禁。
働ける時間や連絡が取れる時間をはっきりと明記しておき、ホウレンソウはしっかりと行いましょう。

副業の方におすすめは、ココナラ。まずはサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

メール対応・資料作成・Webサイト管理・SNS運用・ライティング・デザインまでワンストップ対応できるクリエイティブ秘書&ブロガー。
お仕事依頼はこちらから

目次
閉じる