MENU

ホームページ、自分で作る?人に頼む?

2019 12/11

Webサイト(ホームページ)を作りたいと思った時、自分で作る方法とプロに頼んで作ってもらう方法、どちらが良いのか迷う方も多いはず。

自分で作った方が絶対的に安くなるのですが、その分リスクはつきもの。

自分で作ることが向いている方の特徴と、人に作ってもらった方が良い方の特徴をご紹介します!

目次

自分で作るのは、こんな方が向いていますよ!

こんな方におすすめ

  • 制作時間がきちんととれる方
  • いつまでに作る!と決めて計画的に作れる方
  • ある程度パソコンに詳しい方
  • 作ることに抵抗がない方

これですね。

作れる時間を確保することが一番難しい!

「新しいことを始める」ってルーティン化された通常業務に比べると、優先度が低くなりがちです。

日常の業務やお客様への返答などで時間を使っていると、サイト制作やアメブロのカスタマイズなど「今すぐなければ始まらない」ものはなかなか時間が使えないことが多く、なかなか完成しません。

自分で作ることに挫折している方は、100%この理由です。

「制作にかけられるまとまった時間がある」のはかなり重要なポイントですよ

自分で作るメリットは?

  • サイトやブログに愛着が沸く
  • 自分で調べて作るので、習得度が高くなる
  • 自分のサイト運営、デザインスキルが上がる

この3つではないでしょうか。

自分で作ったものは、愛着がわきます。

愛着がわくので、より大切に育てようと努力をします。

検索に引っかかる方法を調べたり、オシャレな画像を探したりして、たくさんの人に見てもらう方法がよりわかりやすい形で表現できる素材を探します。

あなたの仕事内容とお客様のことは、あなたが一番よく知っている。

「一番わかっている人が作る」

これが一番マッチングミスがありません。

しかし、

また、これは個人的な感想ですが、ひとに作ってもらったものというのは、愛着がわきにくい方が多いような気がしています。

お金と意見を出すだけでは、なかなか愛着はわかないようです。

やはり手を動かしてこそ「自分のモノ」という実感がわくのではないでしょうか。

見た目も大事だけど、中身の方が大事

また、今はスマートフォンの閲覧が主流になってきており、PCのデザインを必要以上に美しくする必要はなくなってきました。(但し、業種によります)

スマホサイトのデザインはシンプルなものが多いため、綺麗なデザインを作るよりも、そこにある中身の方が重視されます。

そのため、スマホ対策さえしてあれば、問題なし。

そこにある中身(ユーザーの知りたいこと、やりたいことがきちんと載っているか)が大切です。

但し、単価の高い商品、高価なものを取り扱っている場合は、見た目はかなり重視されますので、自分で作らず、外注をおすすめいたします。 

これから自分でWebサイトを作りたいと思っている方の参考になればと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

メール対応・資料作成・Webサイト管理・SNS運用・ライティング・デザインまでワンストップ対応できるクリエイティブ秘書&ブロガー。

ブログは、フリーランスお仕事系お役立ち記事を載せています。
お仕事依頼はこちらから

目次
閉じる